本日の関数[IF]

「本日の関数」でございます。

本日の関数は[IF]。

もし、あの時ああしていれば。人生には誰しもそんな時があるはず。

人生に関係もなければ、DA PUMPでも無いのですが、条件によって表示する値を変える関数です。

 

ソフトに触れたことが無い方だと、掴みにくい概念かもしれませんが、便利な関数です。

今回も張り切って参りましょう。

説明

 

[IF]関数は、条件によって表示する文字を変える関数です。
良く例として用いられるのが、テストの点数表。

セルA1が80点以上なら合格、以下なら不合格と出す。

なんて使い方が一般的ですね。

使い方

=IF(論理式, 真の場合, 偽の場合)

論理式は、条件となる式のこと。

式には比較演算子というのを使います。昔数学等で習った<とか>とかのやつですね。

ご存知ない方は、詳しくは比較演算子のページをご覧ください。

A1セルが80点以上だったら、

A1>=80

のように指定します。

「 =関数名( 」 と打てば、入力可能状態になるかと思いますので、そこで数式を入力をしてみて下さい。

真の場合は、上記の数式に合致する場合に表示する文字を指定します。

偽の場合は、上と反対に、条件に合致しない場合に表示する文字を指定します。

使用例

本関数を使ったサンプルを以下に紹介します。

サンプル

セルA1にA君の得点である、下記の文字があるとします

79

数式

=IF(A1>=80, “合格” , “落第”)

結果

落第

A君、残念ながら落第です。あと一点だったのですが、エクセルに計算を任せると、負けてくれたりはしません。

関連の関数群

本関数には、下記のような関連の関数があります。用途に合わせて使い分けてみて下さい。

AND

AND(論理式1, 論理式2, …, 論理式255)

IFの論理式の部分にこのANDを使うと、複数条件を見ることが出来ます。
ANDは、論理式に書いた複数の条件が全て合致した時に”真”となります。

IF(AND(A1>=80, A1<=90) , “評価B” , “その他”)

というように、80点以上90点以下をフィルタすることができます。

 

OR

OR(論理式1, 論理式2, …, 論理式255)

続いて、OR。
IFの論理式の部分にこのORを使うと、複数条件を見ることが出来ます。
ORは、論理式に書いた複数の条件がいずれかが合致した時に”真”となります。

IF(OR(A1>=95, A1<=5) , “両極端” , “その他”)

というように、95点以上と、5点以下だけをフィルタすることができます。

終わりに

IFは使い方が最初は分かりにくいので、とっつきづらいかもしれませんが、使うことで可能性が大きく広がります。
使いこなせるようにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です