本日の関数(IFERROR)

いつもご覧いただきありがとうございます。皆様に支えられ、開設から早2か月が経とうとしております。
徐々に本サイトのコンテンツも増え、今後も役立つ記事をご提供していきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

さて、「本日の関数」でございます。

本日の関数は[IFERROR]。

エラーチェック関数と呼ばれるものですが、一体どのようなものなのでしょうか?順を追って説明していきたいと思います。

 

説明

 

[IFERROR]関数は、セルの結果がエラーの場合、表示する文字を変える関数です。
エラーというのは様々な要因が考えられます。

  • 数式を指定していたが、参照先が無くなった。
  • 除算をしていたが、表の情報が更新されることにより0で除算することになってしまった。
  • まだ未記入のところに数式を入れているので、エラーになる

などなど。これらのケースの場合、#DIV/0!や、#VALUE!などというエラーがセルに表示されます。
そのままだと、何ともみっともない表になってしまうので、そういったエラーの場合に表示する値をあらかじめ決めておきたい。

そんな時に使うのがIFERROR関数です。

使い方

=IFERROR(エラーの場合の値)

は、数式や、関数を入れます。
その数式や関数がエラーになった場合、エラーの場合の値に入力したものが表示されます。

エラーが発生しない場合、値で指定したところの結果が返ります。

 

使用例

本関数を使ったサンプルを以下に紹介します。

サンプル

セルA1に100

セルB1に0という値がある場合

数式

=IFERROR(A1/B1, 0)

結果

0

※仮に、B1の値が0以外になった場合には、数式の計算結果が返ります。

関連の関数群

本関数には、下記のような関連の関数があります。用途に合わせて使い分けてみて下さい。

ISERROR

ISERROR(テストの対象)

ISERROR関数は、テストの対象で指定したセルがエラーかどうかを返します。
エラーの場合TRUE、エラーではない場合FALSEが返ります。

基本的には、IFと組み合わせるので、IFERRORを使う場面の方が多くあると思います。
IFの中で複数条件でエラーを見る場合などには、こちらを使うこともあるので、こんな関数があったなーぐらいで覚えておいて頂ければ問題無いかと思います。

 

 

終わりに

エラーチェックは普段は行うことがないかもしれませんが、これをやっておくことで、表内の値が移り変わってもエラーで残念な表にならない強固な表が出来上がります。
計算対象のセルが取り得る値を考えながら表を作れるようになれれば、かなりの上級者だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です