グラフ作成の基礎

徐々に暑い季節がやってきました。もうすぐ夏到来ですね。
今年は暑くなるらしいですが、涼しい顔してエクセルを使いこなしましょう!

エクセルと言えばグラフ。グラフと言えばエクセル。
エクセルにおいて、表計算の次のイメージはグラフですよね。

これは実はとっても簡単に出来るんです。
では、早速取り掛かりましょう!

グラフ作成の手順

基本のグラフ作成は以下の手順で行います。
STEP1.対象となる表を作成(既にある場合は省略)
STEP2.表現したいグラフを思い描く
STEP3.表を指定してグラフ作成

それでは、手順に沿って説明していきましょう。

STEP1.対象となる表を作成(既にある場合は省略)

まずは表が無いとグラフは作れませんし、良いグラフが出来るかは、仕込みのこの部分が重要と言えます。
そりゃそうですよね。グラフは表を視覚的に表現するツールにすぎないのですから。

一般的に、縦軸と横軸がしっかりしていれば十分です。
例えば以下のような表。

売上表 1月 2月 3月 4月 5月 6月 店舗別
店舗A 384 205 779 735 22 443 2568
店舗B 883 438 594 3 490 873 3281
店舗C 710 867 687 185 959 431 3839
月別 1977 1510 2060 923 1471 1748 9688

このように、グラフにしたいデータが1つの表にまとまっていることが重要です。
離れた2つの表などになっている場合、結合表(2つの表を組み合わせた表)を作ってからグラフ作成を開始してください。

STEP2.表現したいグラフを思い描く

表が出来たら、次にどんなグラフにしたいかを考えます。
その表に適した物を選ぶと言うより、受け取る側が見たい切り口に合った形を選択するべきです。

一重に「売り上げ」といっても、Aさんが見たいのは売り上げが最も多い店舗、Bさんは全店舗の売り上げの中の各店舗の売り上げ割合だったりします。

この辺りは恐らく社内で何度も作っていると、そのうちグラフを要求する人の好みが分かってくる可と思いますので、エクセルの知識というより、仕事のやり方になってきてしまいます。

とりあえず、今回は各店舗の売り上げ割合を月別に出すということでやってみたいと思います。

STEP3.表を指定してグラフ作成

表もそろって、グラフも決まったら、ようやく作成に取り掛かります。

売り上げ割合を見たいので、月別のTotalを除いた部分を表で選択します。下記のように、赤枠で囲まれた部分を選択してみて下さい。

表の指定が終わったら、メニューリボンから、今回使う「100%積み上げ」を選択します。

これだけで、あっという間に所望の表が出来てしまいました。

こんなに簡単にグラフが出来てしまうんです。エクセル恐るべし。
尚、細かな設定に関しては、後日別の記事でご紹介したいと思います。

おわりに

細かい設定はともかく、グラフを作るだけなら本当に簡単に出来てしまうんです。
グラフの種類は沢山ありますが、基本的なポイントを押さえれば、他のグラフも容易に作成できます。
同じ表を使って様々なグラフを作ってみるのも面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です