セルの書式設定[表示形式 その2]

前回の記事 で、セルの書式設定の表示形式、前半部分を説明しました。
今回は表示形式、後半部分を説明したいと思います。

後半は、ユーザによるカスタマイズが可能な部分がありますので、マスターすることで非常に便利に使って行けることでしょう。

では、早速説明します。

前回同様、メニューの入り方を簡単に。
セルの書式設定は、セルで右クリック メニューから入ることが出来ます。
メニューが表示されると、いくつかのタブに分かれておりますので、タブごとに説明していきます。

今回は「表示形式 その2」
表示形式は、セルに表示される数値や文字列の表示を司るメニューです。

指数

指数は、大きな数字を表わす時などに使います。
1.0E+00
のような形を表現する場合に使いますね。

設定が必要なのは、小数点以下の桁数指定だけです。常に大きな数字が記入されるセルに設定します。

文字列

次は定番の文字列。これは結構使う機会が多いので、是非覚えてください。
セルの記入フォーマットを文字列に限定します。

つまり、「このセルは自動計算しないでくれ!」という宣言ですね。

文字列が必ず入力されると決まっている場合には、この設定を使ってください。
使う場面で多いのは、二分の一を1/2と表そうとすると、2月1日になってしまう場合などですね。
頭に’を入れる方法もありますが、こちらの方は範囲指定で一気に設定できるので、広範囲にわたる場合はこちらの方法を使うようにしましょう。

その他

その他には、郵便番号や、電話番号、漢数字など、特殊なフォーマットで表示させたい場合が並んでいます。
あまり使う機会は無いかもしれませんが、こういうものがありますと言う程度で良いと思います。

ユーザ定義(別記事で説明)

表示形式の大鳥を務めるのは、ユーザ定義。
これは、自由自在に表示形式を決めることが出来ます。
右側のウィンドウを見ると、訳の分からない文字列が並んでいますね。
これら1つ1つに意味がありますが、多くの記号がありますので、このセクションは別で説明することとします。
ユーザ定義を使いこなせるのは上級者といえるので、初心者の方は今すぐ使えなければならないということではありません。

 

さいごに

今回はセルの表示形式の後半部分を紹介しました。
次回からは別のタブの説明を入れていきたいと思います。また、別の記事としてユーザ定義は説明する機会を設けるようにしたいと思いますので、今後もお付き合いください。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です