セルの書式設定[罫線]

みなさんこんにちは。

本日も、セルの書式設定を説明していきます。

今回扱うのは「罫線」です。

罫線は表組をするときに無くてはならない要素。
設定項目が直感的とはいえ、最初は分かりにくいと思いますので、1つずつ説明していきたいと思います。

では、早速始めましょう!

セルの選択

罫線を引くためには、まずはどこに引くのかというのが必要になってきます。
基本的には、線を引きたいセルを選択して引いていきますが、1つ1つのセルをそれぞれ設定していったのでは時間がかかってしまいます。
そのため、表にしたい範囲を大きく範囲選択して使うのが一般的です。

上の画像のように、表としたい範囲全体を選択して、右クリック->セルの書式設定->罫線
と進んでください。

セルの書式設定ウィンドウの左側、「線」という部分にご注目ください。
「スタイル」と「色」という項目に分かれていますね。

スタイルは、線の種類を選ぶ項目です。
色はそのまま色ですね。以前フォントのカラーパレットの所で選んだやり方と同じ方法で選択できます。
まずはここで線の形を決めてあげることになります。
絵を描くときのパレットのようなものですね。ここで選んだものでこれから線を引いていきます。

プリセット

一般的な表を作る場合、「外枠」と「内側」というボタンを押せば、先ほど選んだ線で一気に表が出来ます。
「なし」を押せば一旦すべての罫線が消され、最初からやり直すことが出来ます。

罫線

ここが罫線ウィンドウの要です。
「文字列」と出ている枠は表のプレビューです。ここに思い思いで線を引いていきます。
周りに並んでいるボタンは、その部分に線を引くボタンです。
表のプレビューの部分を直接クリックしても引けますし、周りのボタンを押しても引けます。
線を引いてから、もう一度同じボタンを押せばその線を消すことが出来ます。

色々な線が混合している表を作りたい場合は、

スタイルで線を選ぶ -> プレビューウィンドウで線を引く

という作業の繰り返しになります。

罫線ウィンドウは直感的に分かりやすいと思いますので、あとは実際に試しながら試行錯誤してみてください。

おわりに

今回は罫線をご紹介しました。簡単な設定はリボンの罫線ボタンや右クリックメニューでも可能ですので、細かい設定の場合にのみ使うようにしましょう。下記のボタンが罫線ボタンになります。


線を自由自在に引ければ、表作成の表現(ダジャレじゃないです)が増えますので、マスターしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です